Loading...

次世代型ID管理クラウドサービス
UNiD

Introducing a secure, privacy-preserving, and cost-effective identity and authentication service

Never compromise on...

1

User Experience

私たちの日常的な体験は、数多くの事業者とサービスによって支えられています。UNiDを導入することで、ユーザーは自身でパーソナルデータを持ち運び、サービスや企業と安全につながることができます。 ユーザー名やパスワード、さらにはフォーム入力といった手間を永久に置き換えることができます。

img
img
2

Data Management Cost

世界各国・地域で個人情報保護に関する法整備が進んでいます。企業が、個人情報を保有するリスクはますます高まり、データ管理コストは増大するばかりです。 UNiDを導入することで、企業はセンシティブなデータを保有することなく、必要な時に必要なデータを活用する仕組みを構築することができます。

3

Time to Market

必要なセキュリティレベルに合わせた認証機能を、使いやすいSDKと既製のUIライブラリでシンプルに実装できます。 あなたのビジネスにとって最も重要なことに集中できるよう、私たちは最先端テクノロジーを採用するコストを限りなくゼロに近づける開発に取り組んでいます。

img
img
4

New forms of Innovation

自社IDを利用したユーザーの囲い込みやデータの中央管理には、時間とコストがかかり、連携先にも限界があります。 個人が本人のデータを管理していれば、本人同意に基づくデータ収集・共有の仕組みを安全にローコストで実装することができます。 他社を含めたデータ経済圏の拡大が容易になることで、より優れた経済モデルや新しいビジネスを生み出す機会が生まれます。

Meet UNiD

新しい顧客とのつながりは信頼の上に成り立ちます。 顧客の行動やニーズが多様化する中で、顧客との信頼をどのように維持していけばいいでしょうか。 UNiDは、あなたのビジネスに合わせた自己主権型IDによる認証と分散管理によるデータ共有基盤を提供します。 ネットワーク全体の信頼性を確保し、数百万のIDを管理して、機密データを処理するリスクを最小限に抑えます。

img

Business Cases

UNiDを活用したビジネスケースを紹介していきます(準備中)

Our Partners

Building the next great thing together.